本文へ移動
株式会社三信建材社
〒871-0006
大分県中津市大字東浜1105番地1
TEL.0979-22-2830
FAX.0979-23-3830

プレスセメント瓦・セラミック瓦(ゆきち瓦)・製造販売施工
CP材(高断熱性耐火材料)、セメント、衛生陶器、太陽光発電システム、その他一般建材の販売、内装仕上げ工事の設計・施工、上下水道衛生工事の請負

 かわらばん

社内の隠れエッセイストたちのお部屋です。 毎月お楽しみに。
毎月お楽しみに。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

有朋自遠方来、不亦楽乎 (ともありえんぽうよりきたる、またたのしからずや)

2004-04-01
還暦を過ぎると、昔の友人、知人に会う機会が多くなってきた。
四十年以上経ての再会であっても、直ぐ昔の間柄になれるのが嬉しい。
 
論語の「有朋自遠方来、不亦楽乎」は遠く離れたところにいる朋が、「同じ道について語り合う」為、思いがけず尋ねてくる。こんな楽しいことが他にあろうかと言う意味だそうである。
 
「同じ道について語り合う」ような高尚なことは、私は持ち合わせていない。
しかし、気の置けない人と、昔話をすることも、それはそれで楽しい。
 
晃先生      私の小学校時代の恩師である。
               その頃は、熱あり、情ある立派な先生が沢山いた。
               昨年、50年目にして開かれた小学校同級会に出席していただいたが、
               まだまだ若々しく元気なご様子である。
 
光君         昨年、再会できた。高校卒業以来である。
               長年会いたいと思っていた友達の一人であったので、話が尽きなかった。
               彼は、小学生時代餓鬼大将だったが、現在は加古川でプラスチックスの会社を経営している。
               故郷には両親も家もないので、なかなか帰る機会がないと言っていたが、
               また会える日をお互い楽しみにしている。
    
亮さん      50年前、まだ奄美大島が米国の統治下にあった頃、私達のクラスと奄美の小学校との間に
     文通があり、最初に私が手紙を頂いたのが亮さんである。
               昨年、同級生達と奄美を訪問したとき、初めてお会いできた。
               彼は島で染物の仕事をしている。話をして、その素朴な人柄が好きになった。
    
旺ちゃん   2月、私が永年勤務していた三信建材社の大家副社長に待望のお子さんが生まれた。
               飲んだ席で副社長に話を聞くと、本人結構親バカ振りを発揮している。
               どうも、嬉しくてたまらない様子である。
 
昭            私の名前である。自分の名前の由来は、子供の頃に大概親に聞くものだが、私にはその記憶が
     ない。昭和に生まれたから、多分付けた名前だろうと小さい時からそう信じこんでいる。
 
先日、私と家内との共通の友人二人が、九州に来たいと連絡があった。
年賀状だけの繋がりであったが、5月中旬ごろ30数年振りに会えそうである。
「有朋自遠方来、不亦楽乎」
 
ところで、晃、光、亮、旺、昭、全て(あきら)の名前である。これもご縁でしょうか。
 
A・N 記
TOPへ戻る